FACTORY KAFE工船/京都・出町柳

「FACTORY KAFE工船」

河原町今出川のバス停からすぐ。出町柳駅からも近いです。
古いビル。入口にひっそりと店の名前がかかれていました。

a0254130_10190646.jpg
a0254130_10191894.jpg
2階ですね。
木造校舎のような雰囲気。天井が高い。
2階はぎしぎしと軋み、走ると床が抜けそう。
いくつかお店かオフィスが入っているようです。
引き戸を開けると、入口付近は珈琲の焙煎中。
奥の窓に向かってカウンター6席くらい。
大きめテーブル1卓。

大きめの椅子、うしろの壁にハンガー。
喫煙可能。煙草をテーブルに出すと灰皿をすぐ出してくれました。
a0254130_10313362.jpg
何やらメニューにシールを貼り、差し出されました。
a0254130_10262577.jpg
ふむ、こってりとあっさりを選んで、
どの産地のか選択すればいいんやね。
どうしよーかなー、と悩んでいると、
「お決まりですか」
「いえ、まだ考え中です」
「悩むほどメニューないので相談にのりましょうか」
「はい、お願いします」
「あっさり、こってりと、酸味、苦み、どちらがいいですか」
「・・・。あっさりで酸味っていうのもあるんですね」
「こってりというのは濃度なので、味には関係ありません」
「・・・。じゃあ、こってりの酸味で」
「はい」
という会話ののち、珈琲が供されました。

連れはそんな会話も必要なく、さっと選んだ、あっさりの苦み
a0254130_10311403.jpg
美味しいと言っております。

こってりの酸味
a0254130_10312586.jpg
横の急須は、珈琲の二番出しのようなものらしく、
濃い場合は足してください、とのこと。
このままで大丈夫でした。
a0254130_10573505.jpg
砂糖とミルクが欲しいけど、欲しいというと怒られそうな雰囲気である。
で、目の前のカウンター上にある壺を探るも空っぽ。
なにやら蜂蜜らしきものを見つける。
その動きを察知した店員さんが遠くから「今シロップ入れました?」と。
「はい」
そしたら砂糖とミルクを壺に入れて出してくれました。

スプーンはなんでついてるんだろう・・・。

なんだろう。私には合わない店でした。
ただ、相性が合わなさすぎる。連れも笑ってました。
どんな店も行ってみないとわからないので仕方ない。
珈琲でも飲んでくつろぎたい、という
喫茶店として利用するには向かないなあ。
珈琲を、私を、この店を、わかる人だけ来てくれ、という空気感。

たしかに珈琲は美味しい!
一緒に提供されるお水はなぜかまずい。
お客さんは、外国人の方、おひとり女性と、途切れなく来ていました。

うかがった日はキッチンミノルさんの写真が何点か飾られていて、
昔ながらの喫茶店メニューの前で珈琲を前に煙草を吸っている男の写真がよかったです。
おなじみの春風亭一之輔さんの写真集も置いてあり、ちょっとほっとしました。

a0254130_10313975.jpg
(2017年12月)


[PR]
Commented by omegu at 2018-02-20 13:20 x
こだわり強そうでしんどそうですね。
机の上にごちゃごちゃおいてるのも不衛生で好きじゃない。

なーんか居心地がいい、なーんか落ち着く、なーんかコーヒーが美味しい、お腹いっぱいだけど隣の人が食べてるドーナツ美味しそうだから頼んで、これがまた正解!みたいな喫茶店がいいですよね。
京都だと百春さんお勧めですよ。
まだ行ったことないんですが菊しんコーヒーさんもどうですか?タバコ吸えますよ~。
Commented by beerair at 2018-02-23 18:51
> omeguさん

コメントありがとうございます! 確認が遅くなり申し訳ありません。
そうなんです、なーんか落ち着く、みたいな喫茶店がいいんです〜。
>お腹いっぱいだけど隣の人が食べてるドーナツ美味しそうだから頼んで、これがまた正解!
って最高ですね(笑
百春さん、菊しんコーヒーさん、今度うかがってみます♪
by beerair | 2018-02-02 11:05 | 京都おいしいもの | Comments(2)

♪おいしいとこどりの地味な旅日記+ご近所ごはん♪お酒は必須☆


by beerair
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31