タグ:フレンチ ( 26 ) タグの人気記事

Droit/京都・荒神口

「Droit(ドロワ)」
a0254130_10263496.jpg
a0254130_17275321.jpg
2017年6月にオープンしたお店。
雑誌で妹が見つけて行きたいーってんで、予約して母と3人で行ってきました。
最寄駅は京阪丸太町駅でしょうか。徒歩10分くらい。
この寺町通りの御所の横って緑がたくさんで、とてもいいですねー。
a0254130_10315417.jpg
あ、ありました。
a0254130_10315844.jpg
入り口はガラス張り。すぐキッチンなのでシェフがいるのが見えます。
ドアは2重。開けると、奥の扉を開いてシェフがお招きしてくれます。

オープンキッチンの前を通って、半地下の奥に広がるスペースにテーブル。
手前の丸テーブルに着席。
a0254130_10365502.jpg
メニューはありません。
コース1万円(税抜)一択です。
予約時に「1万円のコースのみですがよろしいですか」と確認されます。
一瞬ひるんだのですが、ランチはされていないし、食べたいならこれしかないので
冷静を装いしれっと予約しました。ははは。苦手食材も聞かれます。

着席すると「はじめにシャンパンはいかがですか」と勧められたので喜んでいただく。
最初に出てきたのが「もう終り」な黒トリュフたっぷりコロッケ。
a0254130_11070306.jpg

a0254130_11070616.jpg
香りがすごい〜
シャンパン美味しい〜
a0254130_11071213.jpg
コロッケがなくなると同じ器にパンを置いてくれました。
a0254130_11083093.jpg
日本とフランスの小麦を半々にして作ってもらっているそうです。
もっちりー。皮がパリパリではなく中身と一体化しているような。
a0254130_11130424.jpg
雲丹の入った野菜のスープ(なんの野菜か忘れました・・)。
上の海苔のように見えるのが、山菜の苦みがある野菜。何だったかー。苦みが春を感じました。

はじめにいただいたシャンパンをそのままボトルでいただくことにして、
次はこちら。
a0254130_11161027.jpg
ホワイトアスパラガス!
この向きで出され
「ドロワという店名がまっすぐという意味なので。食べるときはお皿を90度回転させてください」とのこと。わはは。
ソースはオリーブ。茶色い。オリーブの香りがします。
アスパラ、太い! ジューシー! 根っこがじゅわっと、先はぎゅっと詰まってる。
食感も味わいも異なり、美味しい〜
シェフがホワイトアスパラを食べ比べた結果、美味しかったランド産とのこと。
溶岩でじっくり焼いたそうです。

さて、シャンパンがなくなったので、次は白ワイン。
値段の書いたワインリストも出してくれましたが、相談して、出された3本から選択。
a0254130_11253211.jpg
席からワインセラーでワインを物色しているシェフを眺めたところ。
ワインに詳しくないので、選んでくださるのが間違いないですね。
a0254130_11271733.jpg
ぶれぶれすみません。
味わいが複数あるようなワイン。
このあと、魚、肉と続きますが、どちらにも合いました。

a0254130_11285271.jpg
手前がイサキ、奥がやいとはた(だったような)。
この添えてある野菜がまた苦みがあり、季節感がある。美味しい〜
母は皮が美味しい!を連発。うん、たしかに!
食感も味も異なる白身を同じソースでいただく楽しさ。

a0254130_11312534.jpg
牛の内もも。赤ワインのソース。奥に玉ねぎの焼いたもの。
内ももの中でも部位が少しずつ違うそうで、食感が違う。
玉ねぎは2種類あって、これが甘くて美味しい〜

チーズに合わせて勧めてくれた「ラタフィア」
a0254130_11432053.jpg
ラタフィア というお酒の種類だそうです。初めて聞きました。
シャブリのものは珍しいとのこと。
で、いただいて、めっちゃ美味しい!
貴腐ワインに近いような、甘みと軽いとろみ。
でもべったりしていないのでスルスルと飲んでしまう。
妹、絶賛! 味わいながら飲むものだと思いますが、勢いよく飲む。
a0254130_11433064.jpg
チーズは岡山のもの。
この穴が空いたチーズが濃厚。少しほろほろしています。
このチーズ、この量でラタフィア1杯ではすまないです。
私も飲む。
結果、母がシェフにも1杯勧めたとはいえ、ボトル1本空く。

デザートは「もりながプリン」
a0254130_11483475.jpg
なるほどプッチンプリンのような底がぷるっと広がる見た目だからかと思いきや
シェフの名前がもりながさんとのこと。失礼しました。

お酒をかけると味の違いが楽しめます。
a0254130_11483809.jpg
甘さは控えめ。

最後に庭で摘んだレモングラスだかレモンバーベナだかのハーブのお茶。
a0254130_11521448.jpg
ミネラルウォーターもいただいて大満足。
a0254130_11545503.jpg
飲んだなー。
ワインの名前も書いてくれていてうれしい。

こちらのお店、シェフ1人でサービスもされていました。
ジョアンさんというサービスの男性がいるときはお客様も何組か入れるそうですが、
1人のときは2組までのようです。
この日はもう1組がキャンセルになったそうで、貸切状態!
a0254130_11545252.jpg
「1万円のフレンチ」という言葉のイメージからかけ離れたお店。
お客さんに合わせてくれるだろうけど、
記念日に、というより、ちょっといいことあったから、くらいの気持ちにぴったり。
ドレスコードについてシェフが
「いちばんお気に入りの服を着てください」と言っていたのが印象的。

このお店のいちばん特等席はキッチン。
外の緑も、奥のスペースも客席のように眺めることができる。
そりゃシェフが気持ちよくないとなー。

空間は天井が高く、木がふんだんにあり蔵っぽいようで、職人の工房のような雰囲気もあり。
遊びごころ。
a0254130_12121986.jpg
カフェのような気軽さに、美しい器。
美味しい料理。美味しいお酒。

お店ってこんなに人柄が出るんだなー、と初めて思いました。
味覚が繊細ではないので、
この店のアレが食べたい!ではなく
この店にまた来たい!とつよく思いました。
全部美味しかったし、心地よかった〜

そういうわけで、お店の雰囲気がよく居心地がとてもいいため、
私たちもわーわー楽しみながら食事をし、
シェフの話はめっちゃおもしろく、
ついつい時間が過ぎていきました。

18時の予約で店を出たのが22時!
遅くまですみませんとお詫びして店を後にしました。

帰り道、次いつ行く? とさっそく相談。
今年中にまた行くぞー

(2018年5月)


[PR]
by beerair | 2018-05-15 12:31 | 京都おいしいもの | Comments(0)

リストランテ野呂/京都・二条城前

「リストランテ野呂」
a0254130_20281660.jpg
a0254130_20280454.jpg
晴れた平日、11時半。
二条城前から歩いて行くと10分かからない。
早めについたので、近所を散策。人気店がありますね。
a0254130_20284168.jpg
a0254130_20284581.jpg
時間になり覗くとお客さんが入ってました。
a0254130_20283780.jpg
カウンターのみ。10席くらいでしょうか。
めっちゃ人懐っこそうなシェフがオープンキッチン内で笑顔でお出迎え。
その他カウンター内に2人くらい、サービス1人だったかな。
奥に通されました。

メニュー
a0254130_20360422.jpg
1800円(税別)のランチセットで。
2人ともメンチカツにしました。

a0254130_20380794.jpg
温かいスープ かぼちゃ
a0254130_20383615.jpg
サラダ キャロットラペ、さつまいもサラダ、生野菜
a0254130_20383917.jpg
さつまいもサラダが美味しい〜

メンチカツ
a0254130_20384372.jpg
a0254130_20384526.jpg
ほわー、あつあつ。
肉汁がデミグラスに溶けちゃいます。
デミグラスは甘め。バルサミコがかかってるのかもしれませんが、大人感はないです。
敷いてあるマッシュポテトでおなかいっぱい〜

パンかライスは、パンで!
バゲットのスライスでした。

左がエスプレッソ、右がコーヒー
a0254130_20384818.jpg
満席。
女性の2人連れが多いですが、
シェフが男性ですし、サービスは定食屋のようなカジュアルさなので、
気取らずに老若男女食事が出来ます。

メンチカツのデミグラスソースが、苦みのあるタイプではなく、
甘みのあるデミグラスソースだったので、好みとちがったなあ。
どうしても似たタイプの洋食おがたと比べてしまいますが、
サラダの盛りとか、味とか、何かまだ定まっておらず、残念な感じがするのはなんだろう。

まー、でも、さくっとお料理出してくださるので、さくっと食べて、にっこり出てきました。
忙しい中、シェフは外までお見送りしてくださり、あたたかい人柄を感じます。
決まったランチより、夜のアラカルトがよさそうだなあ

(2017年12月)


[PR]
by beerair | 2018-02-26 20:52 | 京都おいしいもの | Comments(0)

リストリア ラディーチェ(後編)/京都・御所南

「RISTORIA RADICE リストリア ラディーチェ」

次はサラダ、ではなくスープでした。ミネストローネと白子。
a0254130_10594014.jpg
ミネストローネに白子を揚げたもの。
ううう美味しい〜

季節のサラダ
a0254130_11005256.jpg
なにやら珍しい野菜たちに、なんだろう、何か隠れている
a0254130_11024960.jpg
次はパスタなので赤ワインのグラス、軽いのをいただく
a0254130_11041634.jpg
メインになる日替わりのパスタとリゾットは合わせて4種類あり、
1人2皿選択できます。
なんで、2人で4種類全部頂けるのでした。

連れは以下。
蛸とルーコラのピリ辛トマトソーススパゲティー
a0254130_11064008.jpg
アオリイカと木の子のリゾット
a0254130_11065118.jpg
大絶賛!

私。
海老とズッキーニのペペロンチーノ バベッティーニ
a0254130_11074323.jpg
京赤地鶏の炭焼き
a0254130_11081137.jpg
断面
a0254130_11091948.jpg
大絶賛!
パスタもリゾットもしっかり味で、まあ、とにかく美味しい!

ご満悦♪
a0254130_11094650.jpg
デザートのti-ra-mi-su
a0254130_11110236.jpg
洋梨とヨーグルト
a0254130_11110768.jpg
メニューの名前よりひと工夫もふた工夫もある味

コーヒー
a0254130_11111107.jpg
いやあ、満足。
1品ががつんとあるのより、少しづつ種類がある方が満足度が高くなってるので、
大変好きなコースでした。
味も素材も重なりがなく、どれを食べても新鮮な気持ちでうれしくいただきました。

合計10000円ちょっとだったかな。
グラスワインが700〜800円くらいだと思います。

そして喫煙者にはうれしい中庭。
a0254130_11111506.jpg
座って喫煙できます。
しかも、屋内には見えない死角に灰皿があり、
喫煙者も非喫煙者もいやな気持ちにならない配慮。最高です。
a0254130_11111925.jpg
またぜひとも行ってワインもたっぷり飲みたいです♪
a0254130_11194307.jpg
(2016年11月)

[PR]
by beerair | 2017-01-10 11:22 | 京都おいしいもの | Comments(1)

リストリア ラディーチェ(前編)/京都・御所南

「RISTORIA RADICE リストリア ラディーチェ」
a0254130_11071469.jpg
a0254130_11071998.jpg
土曜のランチ。11時半に予約してうかがいました。
夷川通はたべものやさんが多い通りで、並んでいるお店などもありました。
a0254130_11074500.jpg
シンプルにあるので一瞬通り過ぎてしまいました。馴染んでますね〜

入ると、先客1組。
男女のカップルが少しおめかしして中庭近くのテーブル。絵になりますね。

お好きな席にどうぞ、とのことだったので、
階段下のちょっと屋根裏感のある4人テーブルに座りました。
テーブル3卓、カウンター5名、ってくらいの広さです。

明るい木目でシンプルで上質であたたかみのある空間。
a0254130_11145830.jpg
メニュー
a0254130_11160993.jpg
一休comのレストランサイトから、
3800円(+コペルト200円)コースにグラスのスパークリングワインが付いて
4000円のお得なコースを予約しておきました。
飛び込みのお客さんが上のコースだったので、これが通常のランチコースなのかな。
a0254130_11200956.jpg
で、スパークリングワイン。
サービスの男性が「アルコールは大丈夫ですか」と聞いてくれたので
ソフトドリンクへの変更も可能なようです。

つきだし 
a0254130_11213537.jpg
チーズ入り揚げパイに生ハムを乗せたようなもの。一口サイズ。あたたかい。めっちゃ美味しい!

前菜
a0254130_11233231.jpg
フォアグラシュー、ムースの上になにか魚介系、ミニバーガー

なにかもはや覚えてませんが、めっちゃ美味しかったことだけ覚えてます!
一口サイズがまたよし。味はしっかりめ。
わー、美味しい美味しいとテンションが上がりました。

あつあつのバゲットとグリッシーニ。オリーブオイル。
おかわり可能でした。
a0254130_11320983.jpg
ワインリストをー、と声をかけると
「グラスですか」と聞かれたので、お昼だし、グラスにすることに。
白をお願いすると、ボトルを3本持ってきてくれました。
選んだのはこちら。
a0254130_11334492.jpg
さっぱりからしっかりまで並べてくれたので
右のさっぱり、と中間のもの。

ここのサービスの男性の気配りがまたすばらしく、
私が写真を撮ってよいか確認してお料理を撮っていたので、
さりげなくボトルをしばらく置いといてくれたり、
話の間を見てサーブしてくれたり、
特に店内を見渡せる連れは、とっても感心しておりました。
「気になるところがひとつもない、いいお店〜」とのこと。

では後編に続きます。
a0254130_11433890.jpg


[PR]
by beerair | 2017-01-06 11:44 | 京都おいしいもの | Comments(0)

シェシノ/京都・御所南

「シェシノ Chez Shino」
a0254130_20533763.jpg
a0254130_20532838.jpg

平日12時、予約してうかがいました。
御所南に忽然とあります。
a0254130_20512791.jpg
先客は常連さんらしき若き男性1名。
京都って、男性がこういうお店にいるのをよく見かけます。なんだかいいですね。

サービスは女性。
ドアを入って少し廊下を通ると、奧のテーブル席フロアにたどり着きました。
その廊下に、たしかジュニアウェルズあたりのブルースのレコードが飾ってあったので、おや? 
a0254130_20515529.jpg
奧のテーブルに招かれて着席。
a0254130_20521176.jpg
暑い日だったので、冷たいおしぼりを用意してくれたり、
さりげなく置いてあった扇風機を向けてくれたり、気遣いに感謝です。

メニュー(税抜き表示)
a0254130_20515922.jpg
a0254130_20520522.jpg
a0254130_21014171.jpg
お昼でもアラカルトで注文できるのかな? 聞き忘れました。
私たちはMenu Bのコースを選択。

飲み物は赤のカラフ
a0254130_20521635.jpg
ハウスワインで2000円。
軽めでお昼にいい感じ♪

前菜にスモークサーモン
a0254130_20522107.jpg
お野菜もたっぷりでいいですねー

連れはメニューに載ってないけど選択できたニシンのマリネのようなもの(すみません・・・)
a0254130_20522627.jpg
しっかり厚い半生ニシンで、ちょっともらったけど、美味しい。

ポロネギのスープ
a0254130_20522943.jpg
ざらりとしたスープで、上のネギが香ばしい〜

メインのパヴェットステーキ エシャロットソース
a0254130_20523346.jpg
連れが一目見て「それ、当たり」と言い放ってました。
どれも当たりでしたが、しっかり赤身!
お芋がまた、甘さのあるもので、美味しかった。

カーン風トリップ
a0254130_20523849.jpg
牛モツ煮込みスープ。
具沢山!
濃厚そうですが、スープがさらっとしてて、いろんな出汁がにじみ出てる味。
しっかり吸い取りました、バゲットで。
あ、バゲット、はじめに出て来ます。大きめのやつ。写真撮り忘れました。はは。

腹具合を確かめてから、食後にデザートか飲み物か聞いてくれます。
2人で1つのデザートはいけるな、ってことで、
「焼きたて」につられた林檎のタルト
a0254130_20531894.jpg
皮の素朴な味がいいですね〜 さっくさく

コースとは別に追加のエスプレッソ(200円)
カップが優雅〜
a0254130_20533349.jpg
連れのコーヒー
a0254130_20524658.jpg
おなかいっぱい〜

お会計はチャージなしの8424円。

サービスの女性はシェフの奧様なのかな?
非常に気配りされる気のいいおかみさん、って感じで、気さくで、
一人でも、若くても、年配でも、だれでも居心地よいと思います。

シェフはドラマーで、ライブがあるときは店を閉めるとのこと。
わはは。いいですねー。
BGMに日本語のブルースがかかったので、おや? と思ったら、
シェフが参加しているものだそうです。
さわやかめなのと、濃いい真夜中なやつと、かかってました。

こんなに美味しいので食べられなくなるのは困るけど
すきなことが出来る環境がキープ出来ることを願わずにはいられない。

食べたいものがまだまだあるので、また行きたいな〜
a0254130_20535992.jpg
(2016年10月)


[PR]
by beerair | 2016-10-25 23:17 | 京都おいしいもの | Comments(0)

ル・ピックアシェット(後編)/京都・五条

「ル・ピックアシェット」

次はメインです。
自家製ソーセージと鴨のコンフィが入ったカスレ
a0254130_13095030.jpg
アップ
a0254130_13100583.jpg
初カスレ!
ソーセージも鴨も美味しい〜

母は魚料理。クネルのオマール海老ソース
a0254130_13095447.jpg
濃厚〜

妹のニュージーランド産アンガス牛のカルボナード
a0254130_13100878.jpg
デザート
私はタルト アイスクリーム添え
a0254130_13101582.jpg
母のアールグレイのクレーム オレンジの香り 赤ワイン蜂蜜オレンジのグラニテ
a0254130_13101363.jpg
これ、しゃきしゃきのグラニテの下にクリームが忍ばせてあり、めっちゃあたり!

妹のヌガーグラッセ
a0254130_13101003.jpg
こちらも冷たく甘く美味しい〜

コーヒーか紅茶もついてます。

満足の宴のあと
a0254130_13102347.jpg
明瞭会計 お値打ちなランチでした!
a0254130_13103797.jpg
写真はシャッター音がなければOKだそうです。
サービスは女性が1人、シェフは1人でしょうか。
お料理が出てくるペースもベストで、ゆっくり楽しめました。
飾ってあるパリの町並の絵もすきなものが多くてよかったなー。
落ち着いているけどかしこまっておらず、だれにでも好まれるお店だと思います。

ボリュームしっかりあったので、次は1800円のも食べてみたいな。
でも5種のオードブルも魅力だし。。。また行きたい〜

おや、サンドウィッチのテイクアウト?! これも気になる!
a0254130_13104354.jpg
(2016年10月)



[PR]
by beerair | 2016-10-08 13:23 | 京都おいしいもの | Comments(0)

ル・ピックアシェット(前編)/京都・五条

「ル・ピックアシェット」
a0254130_11425833.jpg

a0254130_11423987.jpg

京阪清水五条駅から歩いて約15分。
少し上りです。
a0254130_114323.jpg

ついたついた!
土曜日12時30分。
1ヶ月前に予約しました。

入ると4人席1卓、2人席2卓だったかな、
真ん中にキッチンがあり、奧に向かうところに2人席、
奧に2人席2卓、4人席1卓ありました。
本日は先客はカップル。後からファミリーらしきグループが来ていました。

奧の席に着席し、喉が渇いているし、まずはグラスシャンパン。
a0254130_11431838.jpg

なみなみと! うれしい。

ランチメニューは3種類。
1800円(税別)
a0254130_11431038.jpg

2800円
a0254130_11431227.jpg

3800円
a0254130_11431553.jpg

私たちは2800円のコースにしました。

あつあつのパン バターはついていません
a0254130_11432296.jpg


カリフラワーのスープ
a0254130_11432461.jpg

美味しい〜 スープっていいですね〜

そろそろワインをいただきます。
ソフトドリンクもお手頃。グラスワインは600円からありました。
a0254130_11532139.jpg

a0254130_11533095.jpg

いただいたのはこちらで。すっきりしつつもコクがありました。
a0254130_1143354.jpg


オードブル5種
a0254130_1143289.jpg

人参のムース 温かい!
玉ねぎのタルト
エスカルゴ
ハンガリーのハム
パテ
リエット
タコとツブ貝のマリネ
5種どころじゃない〜
ボリュームあり!

玉ねぎのタルト アップ
a0254130_11451133.jpg

ハム系アップ
a0254130_11451448.jpg

どれもこれも美味しい!しっかり味です。
ワインも会話もすすみます〜♪
[PR]
by beerair | 2016-10-08 12:04 | 京都おいしいもの | Comments(0)

ビストロ・ボン・モルソー/京都・寺町

「ビストロ・ボン・モルソー」
錦市場近くの路地をちょっと入るとありました。
a0254130_170289.jpg

a0254130_1701118.jpg

あ、ビストローって感じですね。

日曜12時、予約して伺いました。
4人席1卓、2人席3卓くらいのこじんまりしたお店です。
a0254130_172444.jpg

しばらくするとすぐに満席に。

メニューを拝見。あとで気づきましたが、税抜き表示です。
a0254130_176342.jpg

a0254130_1761957.jpg

お手頃なワインがあったので、ビオ赤ワインカラフェ250ccを。
a0254130_17251510.jpg

お水もスタンバイ
a0254130_17253971.jpg

パン バターもついています
a0254130_1725445.jpg

連れはクロックムッシュ
a0254130_17254729.jpg

私はトリッパのソテー
a0254130_17254934.jpg

案外あっさり。食感が楽しめます。

メインは鴨胸肉のロースト
a0254130_17255328.jpg

ぼけぼけですみません。しっかりがっつり濃厚です〜

連れのハラミのステーキ
a0254130_17255167.jpg

シンプルながらしっかりしたソースがかかっていて美味しかったそうです

デザートのブランマンジェ 量もしっかり
a0254130_17255525.jpg

〆はエスプレッソ
a0254130_17255754.jpg


ショートカットにボーダーTシャツのパリっぽい(靴はマーチンだったけど)
女性がてきぱきと全体を仕切ってます。
バイトらしき大学生風少年2人も雰囲気を壊さず、やさしく初々しい接客。
お店の雰囲気はいいし、好感が持てました。

で、お支払い、6750円。
何の疑問もなく払ってお店を出たあと、請求がおかしいことに気づく。
2000円×2人
メニュー加算500円
ワイン1250円
5750円のはず。

連れが店に戻って確認してくれたところ、
てきぱき女性が対応してくれたそうです。
が、「すみません」といって500円返そうとするので、
500円返却ってことは、請求が6250円?  それもおかしい。
で、よくよく聞くと、メニューが税抜きだとのこと。
正しい請求額は6210円なのでした。

ふーむ。
間違いは仕方ないとして、この対応には疑問を感じずにはいられない・・・。

ま、そんな感じではありましたが、雰囲気よく、おいしくいただきました。
a0254130_1726034.jpg


(2016年5月)
[PR]
by beerair | 2016-06-14 17:40 | 京都おいしいもの | Comments(0)

青いけ(後編)/京都・御所南

「青いけ」 

スープ
a0254130_15445147.jpg

これなんのスープだったんだろう・・・すみません・・・
玉ねぎだったかな〜すっかり失念しましたが野菜のスープでした

メイン
鶏です
a0254130_1549559.jpg

いやあ、しっかり鶏!
弾力があり食べ応えあります〜

妹は魚、鯛だったかな
a0254130_15495717.jpg

海老の濃厚なソースがかかっている模様
魚が淡白なのでソースでしっかり味わっておりました

いやあ、満足♪
なんだかちょうどいい量だったな〜

デザート フロマージュブランとベリー氷と苺
a0254130_15562832.jpg


コーヒーか紅茶が選べたのでコーヒー
a0254130_1556308.jpg

かなりエスプレッソに近い濃いコーヒーでした

妹の紅茶
a0254130_15563284.jpg

わ、おもろい器〜
ウェッジウッドやって〜

飲み物のカップも「個々に合うように選んだ?」ってくらい
ぴったりというか個性的でおもしろいです

サービスの男性はひとり
控えめでういういしい感じでがんばっておられました
お料理が出てくるタイミングもちょうどよかったです

ちなみのお手洗いは2階にもありました
階段上がってすぐのとこです

お昼はサービス料なしの明朗会計
a0254130_1613443.jpg


お店を出る時にシェフの方が明るく飛び出して来て
「ありがとうございました!」とにこやかに見送ってくださいました

すてきなお店です〜
また行きたい♪

(2015年5月)
[PR]
by beerair | 2015-05-16 16:07 | 京都おいしいもの | Comments(0)

青いけ(前編)/京都・御所南

「青いけ」
a0254130_15151171.jpg

あー、あの木の格子のところ〜
どうみても和食って感じですが、れっきとしたフレンチでした

入るとすぐに2階に案内されました
入ったところに階段があります
ちなみに1階はカウンター席でした

2階はゆったり空間! 
写真にはない手前の6名座れるテーブルに着席〜
a0254130_15174117.jpg

土曜12時半、母と妹と3名で予約をしてうかがいました

予約時にカウンターか2階のテーブルか聞かれたのでテーブルにしました
テーブルはコース終了まで2時間くらいかからいますがよろしいですか?
と事前にお伝えいただきました。
あとは希望コースの選択と、苦手な食材を伝えておくと、
当日も苦手食材やアレルギーの確認がありました。
丁寧ですね〜

席にはおのおの異なるお皿が。
a0254130_15232363.jpg

私はこれ。
a0254130_15262756.jpg

「え? 会ったことあったっけ?」ってくらいぴったりな個々にあったお皿でした
シャガールですね
だいたいシャガールの個性的な絵の皿をつかうなんて
おもしろい!
お店の雰囲気がシンプルモダンなだけに映えますな〜

さて、メニューはありません。
メインのみ魚か肉か選べました

どれくらい皿が出てくるか確認して、ワインリストを拝見
ワインはボトル5000円〜あったように思います
もちろんグラスもありましたよ〜

選んだのはプイィ・フュメ(6000円)
a0254130_1522599.jpg

冷えてて、ほどよくしっかりしていておいしい〜

アミューズ
何かのムースにコンソメジュレ
a0254130_1527384.jpg

エンドウ豆のムース
やわらかくないしっかりした食感の野菜の味が濃いムースでした
うう、おいしい〜

冷たい前菜
野菜のテリーヌと鴨
a0254130_15283411.jpg

水玉のはソースで
白がにんにく、オレンジがマンゴー、赤はビーツ(だったかな・・・)
添えられた野菜、特にトマト2種類がおいしかったな〜
鴨が添えられているところが満足感あります
a0254130_1531510.jpg

きれいですね〜
こういうの、はやってますが、青いけさんのは味がしっかりするところがよかったです

ここでパン
a0254130_15321965.jpg

かなり熱い。中も少し茶色がかってもっちりして香りがよいパンです
はじめから置いてあるオリーブオイル、
右上がクミンなどのスパイスとごまを混ぜたもの、右下が塩
これらをつけていただきます
a0254130_15322236.jpg

オリーブオイル+塩またはスパイス、おいしい!
パンはなくなるとおかわりするか声かけてくれます〜

温かい前菜
ヤングコーンとつぶ貝
a0254130_15365687.jpg

おお、ヤングコーン、こういう見た目は初めてですが、おいしいな
つぶ貝もしっかりしていて、ワインの選択がばっちりはまってました

続きます♪
[PR]
by beerair | 2015-05-16 15:42 | 京都おいしいもの | Comments(0)